復帰する際の心構え

出産は女性にとって大きな喜びであると同時に、仕事から離れなければいけないことでもあります。
看護師は元々看護婦と呼ばれていたように女性が多いので、育児休暇を経ての職場復帰には理解があります。同様に育児休暇を経験した先輩が多いと、気持ち的には楽になりますが、もともと育児休暇は労働者が何ら問題無く取得できる制度なので負い目を感じる必要はありません。また、他の職場よりも産婦人科はより理解が得やすいといえます。
ただ、職場を抜けている間は残った人材で仕事を回しているので、感謝の気持ちは忘れないようにしましょう。
病院側は毎年新人看護師を採用する場合が多いですが、経験が浅いので即戦力にはなりません。しかし職場復帰の場合は多少のブランクはあるものの業務内容を把握しているので、即戦力となります。ただ、仕事から離れている間に他の人材が能力を上げている可能性があるので安泰な立場とは言えません。
どの職場でも当てはまりますが、能力の低い人材は能力の高い人材によって淘汰されるので休んでいる間も勉学を欠かすことはできません。仕事のブランクはある程度発生しますが、ミスをした際の言い訳にはなりませんし、一つのミスは患者にとって致命傷になりかねません。
出産を終えた場合、もしこの先子どもを増やす予定がなければ仕事に専念できます。病院内でも上の立場になることができれば給料も上がりますし、精神的にも余裕ができます。出産を終えて職場復帰した際は、より上の立場を目指して日々精進できるといいでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Powered by WordPress. Design: Supermodne.